自律神経失調症にならないための予防|治療方法と栄養素を学ぶ

お年寄り

身体を休めてくれるもの

ウォーキングする夫妻

セロトニンとは、脳の中で分泌されるもので、身体をリラックスさせてくれる効果を発揮します。セロトニンが分泌される事で、興奮したり泣いたりした後に自然と力が抜けて穏やかな気持になっていく経験をしている人はたくさんいるでしょう。また、夜になると眠くなってしまうという現象は誰にでも起こります。そういった時は、セロトニンが脳の中でたくさん分泌されているからなのです。セロトニンがなければ、気持ちをリラックスさせたり身体を休めたりする事ができません。それくらいセロトニンはとても大切な役割を持っているのです。もし、セロトニンの分泌が減ってしまうと睡眠不足になってしまいますし、気持ちのコントロールができなくなりますので自分の気持ちを抑える事が難しくなってしまいます。そういった事にならないようにするためにも、セロトニンの分泌を良くして快適な毎日を過ごしましょう。

セロトニンの分泌を良くするものとして、お日様の光をたくさん浴びる事とセロトニンの分泌を活性化する事が挙げられます。セロトニンは太陽の光を浴びてたくさん分泌されますので、朝起きたらお日様の光を浴びる習慣を身につけましょう。セロトニンの分泌を活性化するものは、トリプトファンとビタミンB6になります。トリプトファンとはアミノ酸のひとつで、肉類や魚類、米、麺類といったタンパク質をたくさん含んでいる食べ物に含まれているのです。セロトニンを増やすものがたくさん含まれているサプリメントを摂取すると効果を実感できるようになります。